タグ別アーカイブ: ポタリング

北鎌倉、鎌倉山ポタリング

梅雨明け!

先週末に梅雨明けしたようだが、これからどんどん暑くなる。

真夏のサイクリングは朝早く始めて午前中に終わるに限る。今日も7時半前に家を出て約3時間ののポタリング。これくらいの時間だと北鎌倉から鎌倉山を巡るコースがちょうどいい。

ポタリングというにはちょっときつ過ぎる坂も3つくらいあっていい汗をかくことができる。(下の地図の赤い道は標高80mを超える。)

2016-07-31 北鎌倉-鎌倉山

急坂の前に朝飯

例によって何も食べずに水のペットボトルだけ持って出発したが、流石に燃料切れになりそうになったので、途中のローソンでサラダ巻き、コカ・コーラ、からあげクンそしてバナナを補給。

栄養補給

ツール・ド・フランスの中継でも選手たちは缶のコカ・コーラをよく飲んでいた。

この後、今泉団地の最初の坂を登り明月院まで一気に下る。

北鎌倉の路地裏

北鎌倉駅付近で路地裏に入る。鎌倉のこんな風景が大好きだ。

北鎌倉の路地裏

北鎌倉からまた坂を登り(下の2番目の山)、銭洗弁天の裏あたりが峠になる。ちょうどロードバイクの一団と遭遇し、スイスイ抜かれる。やはりブロンプトンでは敵わない。

2016-07-31 高度

いざ鎌倉山へ

いわゆる鎌倉山という地域は長谷の大仏の裏ではなくて、七里ガ浜の裏手の山になる。

上の高度チャートの3つ目の山にあたる。ここは長い坂が続いて体感的には一番きつい。特に下の写真の笛田公園下からはかなり激坂に感じる。足をつく誘惑と闘いながら登っていく。

笛田公園下

鎌倉山は別荘地のようだ

高級ローストビーフで有名な鎌倉山の本店が鎌倉山にあるが、湘南でありながらちょっとセレブ感が漂う軽井沢あたりに迷い込んでしまったかのような錯覚に陥るのが鎌倉山だ。

相模湾を一望できることもあり個人的には好きなポイントだ。

鎌倉山から相模湾を望む

片瀬山から江ノ島へ

鎌倉山を降りると湘南モノレールと並走するようになる。片瀬山を過ぎると江ノ島駅まで一気に下り坂だ。

片瀬山から江ノ島へ

いつもだったら、江ノ島から海岸線を通って引地川河口から川上に向かうのだが、今日は藤沢駅で用事があるのでそのまま向かう。

ポタリングというにはちょっとハードだったが、下り坂で感じる風が気持よく、充実のサイクリングだった。

Narrative Clip2で撮った写真はこちら

ポタリング気まま旅〜羽田空港編〜

藤沢駅から横浜方面へ

今日は全く目的地のあてがないままブロンプトンを電車に乗せて、とりあえず定期券で行くことができる横浜を目指した。
今朝の「がっちりマンデー」で京浜急行を取り上げていたので、横浜で京浜急行に乗り換えて京急蒲田あたりで降りてその辺を走り回ってみようと思ったからだ。

しかし、どうせ蒲田に行くのだったらそのまま東海道線で川崎まで行って、京浜東北線に乗り換えてもよいし、川崎を出発地点にしてもよいかと、横浜駅に着いたその時急に気が変わり、電車を降りずに隣の川崎駅に行くことにした。

期せずして出発点を武蔵小杉に変更

ところが、私の乗っていた電車が湘南新宿ラインだったのをすっかり失念していた。車内放送で次の停車駅が武蔵小杉ということを聞いてやっと気がついた。

武蔵小杉から南武線で川崎駅に戻ればよいとも思ったが、いやいやせっかく自転車を担いでいるのだから武蔵小杉で降りて多摩川サイクリングロードを川崎方面に向かえばよいと考え直し、11時過ぎに武蔵小杉から走り始めることにした。

多摩川サイクリングロードを川崎方面へ

7月下旬だというのにそれほど暑くなく非常に走りやすい。

多摩川サイクリングロードを走るのは初めてだったが思ったほど混んでおらず走っていて気持ちがいい。

2016-07-24 1 武蔵小杉-蒲田

昼食は蒲田・歓迎(ホアンヨン)で

武蔵小杉から蒲田まで回り道をして12.4km、ブロンプトンだと1時間弱だ。ちょうど昼時になったので家族でよく行く歓迎(ホアンヨン)の餃子を食べることにする。5個で300円というリーズナブルな値段だが10個頼んだ。

歓迎の羽根付き餃子

ここの餃子は生姜が効いていてさっぱりしているので、いくらでも食べられそうな気がする。

羽田空港を目指す

蒲田からは京浜急行で羽田まですぐというイメージがあったので、羽田空港まで飛行機を見に行くことにした。目的地を気軽に決められるのがポタリング(自転車散歩)のいいところだ。

2016-07-24 2 蒲田-羽田-川崎

蒲田から環八通りをまっすぐ進む。穴守橋を渡ると目の前は羽田空港だ。

自転車だからどんどん行ける → 行ってはいけない

普段は車か電車でターミナルビルに行くのだが、自転車で来るのは初めてだ。

どこをどう通ってよいのかわからなかったのだが、誘導路の真下をくぐるトンネルを見つけたので恐る恐る抜けてみる。

トンネルを抜けてしばらく走ると外柵にたどり着いた。向こうに新しく出来たD滑走路が見える。

※ 後から確認したのだが、この付近は本当は入ってはいけないエリアのようだ。自転車だから大目に見てもらえたのかもしれないが、今後は行かないように気をつけよう。(初回投稿時は関連写真を載せたがあまりよろしくないので削除した。)

それにしても羽田空港は広い!かなり走り回ったつもりだが、ほんの一部しか見ることができない。

政府専用機

環八方面へ戻る時に懐かしのジャンボ・ジェットが見えた。どこの航空会社かと思ったが政府専用機だった。「日本国」という字と垂直尾翼の日の丸がよく見える。帰宅してから防衛省ホームページを確認したが運行の予定はないようだ。訓練で飛来したのだろうか?

帰路は川崎駅へ

蒲田まで戻った後は、第1京浜を川崎方面へ。六郷橋を渡るとすぐ川崎駅だ。

合計で40km近く走ったし、雲が晴れてだんだん暑くなってきたので川崎駅から輪行で帰ることにした。

ブロンプトンは気軽に輪行ができるので、行き帰りの行程を気にせずに目的地を存分に楽しむことができるのがよい。

ロードバイクでももちろん輪行は可能だが、手軽さを考えるとちょっと躊躇してしまう。一人で気軽に行動するにはブロンプトンは最適な自転車だ。

今日はここまで。